高林坊こうりんぼう

新緑に、紅葉に。木々に彩られる「桃山の庭」

明応5年(1496)に福間浄誓により開基され、浄土真宗本願寺派の巨刹で、本堂等は威風堂々とした伽藍(市・重要文化財)です。

南北朝時代(1383年)に鋳造された梵鐘(県重要文化財)は、吉舎・南天城主、和智誠春が毛利隆元を毒殺したとの疑いで、元就に宮島で殺害された日が追鐘銘にあり、貴重な資料となっています。

安土桃山時代様式の「慶長の庭」(別名「桃山の庭」)は一見の価値あり。

イメージギャラリー
このスポットの詳細

ご注意

※庭の拝観については要予約。

所在地〒739-1101 安芸高田市甲田町高田原929
TEL

0826-45-2064

駐車場あり(大型バス2台可能)
アクセス(電車)

JR芸備線甲立駅下車、徒歩約10分

アクセス(車)

広島市から約1時間20分

アクセス

現在地からのルートを見る

※地図表示及びルート表示はGoogle®社のサービスを利用しています。ルート表示ではお使いの端末によっては正常に表示されない場合があるため予めご了承ください。

関連スポット

滝の観音

滝の水しぶきが舞う、絶壁に立つお寺

宮崎神社

急な石段の先に佇む、毛利氏の氏神

郡山城跡/清神社

毛利氏の祈願所

郡山城跡/郡山公園(興禅寺跡)

桜や紅葉が美しい寺跡

国貞山神社社叢と琴比良神社

階段の真上にある神楽殿

唯称庵跡カエデまつり

地元の人たちが盛り上げるアットホームな祭り

唯称庵跡のカエデ林

190年余りの歴史をみてきた真っ赤なカエデ

テージャスランチ

ウエスタン乗馬!バイクを楽しむ!本格石窯の薄生地ピザが絶品

ID:458 LM:2019/02/18 18:42:08 Rev:15