郡山城跡/毛利隆元墓所(常栄寺跡)こおりやまじょうあと/もうりたかもとぼしょ(じょうえいじあと)

内政手腕に優れた、元就長男の墓

隆元は元就の長子で、吉川元春、小早川隆景の兄にあたります。
父・元就や弟・吉川元春、小早川隆景に比べ、その存在は見過ごされがちですが、毛利氏が領土を中国地方全域に拡大していくなか、元就の後継者、毛利氏当主としての役割を務めた人物でした。

隆元の武将としての力量を語る上で欠かせないのは、天文22~23(1553~1554)年にかけて、大内義隆を倒した陶(すえ)氏との協力関係を継続するか、断交するかについての決断を迫られたときでした。この際、慎重な元就に対し隆元は、陶氏と断交し戦国大名として自立する判断を主張しました。

その後、弘治(こうじ)元年(1555 年)に厳島合戦で陶氏に勝利し、元就とともに弟・吉川元春、小早川隆景の協力を得て、「毛利両川体制」と呼ばれる強力な組織力で中国地方一円に勢力を伸ばしました。
毛利氏の転機ともいえる時期に、陶氏との断交を元就でなく隆元が主導したこと、そして「毛利氏両川体制」を確立したことを考えると、武将としての隆元の力量は再評価されるべきといえます。

永禄6(1563)年、隆元は41歳で佐々部(安芸高田市高宮町)にて急死しました。翌年元就や元春、隆景によって菩提寺、常栄寺(じょうえいじ)が建てられ、寺には正親町(おおぎまち)天皇執筆の「常栄広刹禅寺」の額が掲げられました。
寺は後に山口に移動しました。

このスポットの詳細

所在地安芸高田市吉田町吉田
駐車場あり(無料)
アクセス

安芸高田市歴史民族博物館より徒歩約15分

アクセス

現在地からのルートを見る

※地図表示及びルート表示はGoogle®社のサービスを利用しています。ルート表示ではお使いの端末によっては正常に表示されない場合があるため予めご了承ください。

関連スポット

ID:474 LM:2019/02/18 19:07:42 Rev:10