郡山城跡こおりやまじょうあと

戦国武将 毛利元就が居城とした中国地方最大級の山城跡

郡山城は、戦国武将・毛利元就の居城です。
可愛川(えのかわ)と多治比川(たじひがわ)の合流点の北側に位置し、吉田盆地を見渡す場所に築かれた中国地方最大級の山城です。

郡山城の築城時期は不明ですが、15世紀中頃には存在し、元就の時代(16世紀中頃)に全山が城郭化(じょうかくか)されたと考えられています。
元就が「かさ」と呼ばれた山頂部に、当主の隆元(元就の息子)は当初、本城に住んでいました。天正19(1591)年、元就の孫・輝元(てるもと)が本拠を広島城に移した後も郡山城は維持されていたと考えられますが、慶長5(1600)年の関ヶ原合戦後、毛利氏の防長転封(てんぽう)により廃城となりました。

このスポットの詳細

所在地〒731-0501 安芸高田市吉田町吉田
駐車場あり
標高

390m

比高

190m

東西

1.1km

南北

0.9km

アクセス

現在地からのルートを見る

※地図表示及びルート表示はGoogle®社のサービスを利用しています。ルート表示ではお使いの端末によっては正常に表示されない場合があるため予めご了承ください。

関連スポット

ID:462 LM:2019/02/18 18:50:36 Rev:7