川根柚子協同組合かわねゆずきょうどうくみあい

生産から加工まで。川根柚子の特徴を活かした商品作り

安芸高田市北部の川根で育てられている通称「川根柚子」。
自社農園で育てられている柚子は、酸味が少なくまろやかな味わいを持ち、一般的な柚子よりも1.8倍ほど厚い皮が特徴です。また、農薬不使用で育てられているため、皮まで美味しく食べられることができます。
ここでは、これらの特徴を最大限に活かした約17種類ほどの商品が作られています。

ドライブのお供にもマッチする、柚子皮だけを使用した「川根柚子ぴぃーる」や、果汁がさわやかな「川根の柚子しずく」など、様々な商品があり、川根を訪れた際にはぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

川根柚子協同組合の Facebook へ

川根柚子協同組合の Instagramへ

タグから近いスポットを探す

駐車場有り高宮町買い物・土産

川根柚子共同組合おすすめ商品
「柚子ヴぁたーケーキ」

人気商品のひとつ「柚子ヴぁたーケーキ」は、川根柚子の果汁と皮を活かした商品。柚子の豊かな風味と、皮のほのかな苦味が美味しさをより引き立てています。
日を置くとチーズケーキのようなどっしり重たい濃厚なケーキになってくるので、日が浅い時期との食べ比べもおすすめです。
また、お土産にもうれしいミニサイズもあります。

「朝採り柚子ぽん酢しょうゆ」

秋冬におすすめは柚子の果汁が全体の1/3程度を占める、「朝採り柚子ぽん酢しょうゆ」です。
夜露を吸った瑞々しい柚子を、朝に収穫してすぐに搾った新鮮果汁を使用。さわやかな柚子の香りが楽しめる、贅沢なぽん酢です。


イメージギャラリー

「柚子ヴぁたーケーキ」のかわいいミニサイズ

冷やしても温めても美味しい「川根のゆずしずく」

1瓶に柚子6個以上の果汁が入っている「朝採り柚子ぽん酢しょうゆ」

焼き立ての「柚子ヴぁたーケーキ」

まるで果肉のような川根柚子の皮

このスポットの詳細

ウェブサイトへ

ご注意

Google Mapで経路検索をされた際に「広島県道109号」を利用する経路が表示された際はご注意ください。
非常に狭く、離合が困難な道ですので迂回されることをおすすめいたします。

所在地〒739-1801 安芸高田市高宮町川根2253-4
TEL

0826-58-0330

FAX

0826-58-0335

駐車場あり
定休日

土曜日、日曜日、祝日

営業時間

10:00-17:00

購入できる場所

エコミュージアム川根
道の駅 北の関宿 など

アクセス

現在地からのルートを見る

※地図表示及びルート表示はGoogle®社のサービスを利用しています。ルート表示ではお使いの端末によっては正常に表示されない場合があるため予めご了承ください。

関連スポット

たかみや湯の森

江戸時代から親しまれてきた「大仙の湯」につかろう

大前醤油本店

伝統の味を受け継ぎ、革新的な商品開発に取り組む

和高醸造

創業90年になる安芸高田市唯一の味噌蔵

向原酒造

創業110年。今もなお、手作業で造るこだわりの地酒

ウォータースライダー(大狩山砂防ダム公園)

天然水をつかった巨大なウォータースライダー

香六ダム公園キャンプ場

キャンプと釣りが同時に楽しめるキャンプ場

向原農村交流館やすらぎ

自然の中のイベント空間

道の駅「北の関宿安芸高田」

安芸高田市の北の玄関口、レトロ浪漫がいっぱいの道の駅

ID:11309 LM:2019/12/11 17:19:11 Rev:35