エコミュージアム川根

清流と美しい自然にめぐまれた川根で、カジカの声やせせらぎの音を聞きながら田舎暮らしを体験してみませんか。
宿泊や研修にご利用できます。
毎年ゲンジボタルが乱舞する6月には「ほたるまつり」が盛大に行われます。

エコそば幟

     DSC00018 DSC01362 DSC01412

料金ご案内

エコロジースクール 受講料 5,000円  ※材料費 実費
客室料金(1名あたり) 洋室(4人部屋)、和室(3~6人部屋)
1名利用3,800円、2名以上利用3,600円
★学童の団体(20名以上)ついては割引
チェックイン15:00  チェックアウト10:00
会議室料金 ・メダカホール 2時間まで3,000円、4時間まで5,000円
★宿泊・食事利用の場合 2時間まで2,000円
・和室研修室  2時間毎 1,500円
お食事料金 ・ご朝食( 7:00~9:00)  800円~
・ご昼食(11:00~   )  800円~
・ご夕食(18:00~21:00) 1,500円~
★他に一品料理も各種用意いたしております。
・ご宴会・仕出し・弁当 ※要相談

※料金を変更する場合がございますのでご了承ください。

 

夜叉うどん&五色麺HPバナー-2-02

【青】      地元産の手打ちそばと天然鮎を甘露煮にし、季節の青野菜で清流を表現しました。

エコミュージアムチラシ 131128_五色麺ぐるめマップ_cs5ol

清流そば~鮎の甘露煮乗せ~メニューダウンロード」   「五色麺ぐるめマップダウンロード

鮎そば

青 清流そば~鮎の甘露煮乗せ~

1200円

地元「川根」の清らかな水で育った地物天然鮎を3日間コトコト煮立て、ホロホロと骨まで食べられる風味豊かな甘露煮にしました。地元で育てた青ネギに、クレソンなど季節の青野菜で香味を加え、最後にそっと柚子胡椒を添えました。

清流に鮎が泳いでいる様子を表現した、風流な盛り付けもお楽しみください。

 

 

 

おすすめもう一品

「鮎茶漬け」800円

地物鮎の塩焼きを味わう、贅沢なだし茶漬けです。鮎の身をアツアツのだしに混ぜながらご飯と一緒に口に入れると、ふくよかな鮎の香りと里山の情景がお口いっぱいに広がります。小皿には、地元で採れた野菜を使用した、手作りのお漬物。3年間熟成させた奈良漬が自慢です。

鮎茶漬け 来館者と職員

「住 所」〒739-1801広島県安芸高田市高宮町川根1973

「電 話」0826-58-0001

「FAX」0826-58-0456

「Email」eco.kawane04@akitakata.jp

「時 間」8:00~18:00 ※食事11時~15時

「休館日」年末年始(12月29日~1月4日※食事についても同様) ※そばのみ水曜日定休

「アクセス」中国自動車道高田ICより車で約30分

安芸高田市の旬なイベント情報をご紹介!

  • 仕事を忘れ世間を忘れ浴衣に着替えて下駄歩き、勇壮華麗な神楽がいい!昔ながらの旅籠もいい!の~んびり岩陰露天風呂素朴な会話を肴にし、田舎料理に舌鼓そんなん嬉しい村がある。お湯よし 宿よし 神楽よし 神楽門前湯治村

  • 採れたて地元野菜や珍しい干物が並ぶ「山の市・海の市」、“うこん”を練りこんだ麺が自慢の「ながいきラーメン食堂」と、ぜひ立ち寄りたいお店が魅力。

  • たくさんのメニューでお待ちしております。赤「夜叉うどん」、黄「天照(アマテラス)の太陽パスタ」、白「ウズメの美肌白湯(パイタン)麺」、五色「五穀豊穣焼きそば」を提供しています。

  • ふれあいの場所で、ランチやカフェをお楽しみいただけます。五色「五色の元就うどん」を提供しています。

  • 地域まるごと博物館。古代ハスなどの水生植物の観察ができるほか、毎年ゲンジボタルが乱舞する6月には「ほたるまつり」が開催されます。

  • 優しい味つけで昼は定食、夜は焼きとりがお勧め。五色「麗し玉藻(たまも)の五色うどん」を提供しています。

  • 安芸高田市の特産品を中心に集めた交流館です。展示スペースもあり、ちょっと一息つけるやすらぎの場です。県道37号線沿いにある三角屋根が目印。人気のカレー屋のカレーに加え、赤「やすらぎ夜叉うどん」を提供しています。

  • 挽きたて・淹れたてコーヒーでお店はいい香りに包まれています。赤「夜叉うどん」を提供しています。

Top


一般社団法人 安芸高田市観光協会
広島県安芸高田市向原町坂37-4 向原駅ビル ラポート1F
TEL 0826-46-7055 FAX 0826-46-3015
Copyright © 一般社団法人 安芸高田市観光協会 All Rights Reserved.