神楽特集

神楽とは 安芸高田市の伝統芸能神楽についてご案内

神楽のはじまり

「神楽」はいったい、いつできたのでしょう。原点をたどると、江戸時代は軽く過ぎ、室町、鎌倉もさかのぼり、平安時代まで行き着きそうです。一説によると、神楽の原点は、記紀神話の中の「天岩戸(あまのいわと)伝説」にまでさかのぼるともいわれています。

「天岩戸(あまのいわと)伝説」とは、太陽の女神だった天照大神(あまてらすおおみかみ)は、弟の素戔鳴命(すさのおのみこと)の乱暴さに怒り、岩戸の中に入り込んでしまいました。すると、地上は暗闇となってしまいました。困った神たちは話し合いの結果、天鈿女命(あめのうずめのみこと)に岩戸の前で乱舞させることとなりました。これがあまりにもおもしろかったので、外の神たちは大騒ぎ。不思議に思った天照大神(あまてらすおおみかみ)は、岩戸をそっと開け、様子を見ようとしました。その時とばかりに手力男命(たぢからおのみこと)が岩戸をこじあけ、女神を外に連れ出したという話です。

この岩戸の前で天鈿女命(あめのうずめのみこと)が行った乱舞こそが、神楽の原点と言われています。一年のうちで一番太陽の力が弱まる時期に、その太陽の再来と生命の再生を願って神威を招き迎え、生命力の強化を祈願した鎮魂の儀式が、神楽の始まりです。「岩戸」のモチーフは古事記や日本書紀の中の神話。とすれば、これらが成立したのは8世紀の初めですから、神楽ができたのはそれより前…ということになるかも。はるか昔から神楽はあったのです。

ひろしま安芸高田神楽

国各地に、さまざまな形の神楽が伝えられているなかで、安芸高田市の神楽は、出雲流神楽が石見神楽を経て、江戸期にこの地域に伝えられたと考えられます。また、その過程で、九州の八幡系の神楽や高千穂神楽・備中神楽、さらに中国山地一帯に古くから伝わる農民信仰などの影響を受けて、現在の形態になったといわれています。その特徴は、演劇性が強いという点で、極めて大衆的でのびのびした民俗芸能に発展しました。現在では市内22の神楽団が神楽を舞い、舞人たちはその技を磨いています。ほぼ年間を通じて、神楽にいそしむ団員たち。そのせいか「神楽で食べているの?」とよく聞かれます。が、団員にとって神楽はあくまでも「祭事」。職業ではありません。日常は各々、仕事や勉学に励み、神楽の伝承と保存に大きな役割を担っています。この大衆化が、人々の神社・神に対する信仰心を繋ぎ止め、自然や神の脅威・恩恵に対する先人の心を今に止める大きな役割を果たしているといえます。安芸高田市の神楽には、劇化の進展のなかにも、神人和楽という神楽の原形が息づいているのです。

神々と人々の暮らし

神楽は、米の収穫期にあわせた自然や神に対する感謝の祭りであると同時に、人々にとっては年に一度のハレの舞台でもありました。一年の苦労から開放されて、ともに生きる喜びをわかちあう祭りでもあったのです。 また、氏神社を中心に神楽団を組み、神職ではなく氏子自身が神楽を舞う安芸高田市地域の神楽の形態は、その集団内の連帯と共同意識を高める役割も担っていました。安芸高田市では、いまでもこの氏神社を中心とした共生社会が、神楽を軸に根づいており、人間らしい助け合いを可能にする社会の基礎を形づくっているのです。

旧舞と新舞

旧舞
終戦時点で存在し、現在まで受け継がれている「阿須那手」や「梶矢手」の舞い(神衹舞および能舞)と奏楽を指します。
新舞
終戦後に創作された新作神楽(能舞)を指します。今は安芸高田市にとどまらず、芸北地域に広く浸透しています。
安芸高田市の神楽22団体

様々な神楽を堪能できる 「神楽門前湯治村」

かつての湯治村のような懐かしい町並みを再現。門前通りには土産物店や料理屋が軒を連ね、山懐に抱かれる露天風呂や、神楽の魅力を紹介した神楽資料館もあります。

神楽門前湯治村ホームページ

神楽公演の日程についてはこちらの「公演日程表」でご確認下さい。

神楽公演日程表

更新日:2017年6月16日

神楽アーカイブ
◆紅葉狩
  • 出演:原田神楽団
  • 演目:紅葉狩
「紅葉狩のみどころ」

維茂一行の華麗で優美な舞い、鬼の片鱗を見せながらも妖艶に舞う美女。そして何といっ­てもこの演目では、美女が鬼に変身するシーンは見逃せません。さらに圧巻なのは大鬼へ­変身しての登場場面です。クライマックスの立合いでは、スピーディーで迫力ある演舞を­最後まで堪能してください。

◆八岐大蛇
  • 出演:原田神楽団
  • 演目:八岐大蛇
「八岐大蛇のみどころ」

太陽の女神、天照大神(あまてらすおおみかみ)の弟で悪行多き須佐之男命の名誉挽回と­もいえる大活躍、大蛇退治です。広島だけでなく、島根県の石見神楽でも最も親しまれて­いる演目です。八頭八尾の巨大な大蛇の迫力ある動きが見どころです。

◆百万一心で伝える~ひろしま安芸高田神楽~神楽編

秋祭り一覧

安芸高田市内各所でも神楽をお楽しみ頂けます。

神楽は毎年9月から年末まで、各地域のお祭りなどでも開催・奉納されます。地域毎の神楽を是非お楽しみ下さい。

神楽公演日程表

更新日:2017年8月17日

神楽関連リンク

神楽の杜(もり)  伝統芸能神楽の魅力   ようこそ「神楽」の世界へ  ひろしま神楽女子ブログ
Top


一般社団法人 安芸高田市観光協会
広島県安芸高田市向原町坂37-4 向原駅ビル ラポート1F
TEL 0826-46-7055 FAX 0826-46-3015
Copyright © 一般社団法人 安芸高田市観光協会 All Rights Reserved.