お知らせ

《あきたかたDEEP #2 えんがわ創作プロジェクト》

安芸高田市のDEEPなヒト・モノ・コトを紹介するシリーズの第2回です♪

《えんがわ創作プロジェクト》の藍染体験に参加しました。
まずは藍を栽培している畑へ行きました。初めて触れる藍は、たくさんの葉が生い茂り、根っこが地中で多方向に長く伸びていました。

採って集めた藍の葉を持って、向原町の《カフェギャラリーえんがわ》へ。

1.葉を収穫する
2.葉を枝からむしり取る
3.ハサミで細かく刻む
4.ミキサーにかける
5.布で濾して汁をためる
6.薬品を混ぜる
という流れで藍の染料を作りました。

染料に浸けこむ衣服や布には、事前にビー玉や箸、クリップ等を使って、模様となる元を作っておきます。

はじめ藍を搾った液体は黄緑色なのですが、衣服や布に繰り返し揉みこむ内に次第に濃い緑色になっていきます。

充分に沁みこませたら液から取り出して、水を注ぎ続けながらしっかりと洗います。すると魔法のように緑色が青色に変化していきます。

今回、収穫するところから染めるところまで行って、独特の香りといっしょに藍が自分の心と体に沁みこんでいく体験ができました。
藍は協力者の元、向原町や美土里町など6カ所で栽培されていて、7月~11月頃まで収穫ができるそうです。

《えんがわ創作プロジェクト》は平成28年12月に発足し、主に『アート』『健康栄養』『未利用資源』という3つのテーマで活動をしてきました。

例えば安芸高田市出身の画家、和高節二の未公開スケッチブックを紹介しながら足跡をたどったり、体に優しいマクロビオティック料理を学ぶ会、地域にある葛や竹といった未利用資源を活用するワークショップなどを開催しています。
プロジェクト代表の田村真悠さんは「初めの一歩は、ワークショップから。これから若者が活躍できる地域づくりをしていきたい」と話していました。
地域を楽しく変えていく《えんがわ創作プロジェクト》にぜひご参加ください♪

取材:安芸高田市観光協会 中村健太郎

●えんがわ創作プロジェクト ホームページ
https://engaea11crei.webu.jp/

【えんがわ創作プロジェクト 近日開催のイベント】
『竹ワークショップー竹テントを作ってみよう』(共催)
日時:11月16日(土)17日(日)
場所:向原農村交流館やすらぎ
主催と講師:南澤克彦さん(iegoto)

他にも、画家の和高節二さんに関するワークショップとコンサートを企画中とのことです(^^)

【あきたかたDEEPバックナンバー】 #1 向原酒造 渋川健さん

最新のお知らせ

すべてのお知らせへ